Disp_Rider’s blog

パソコンに少し詳しいだけですが、最近の技術を頑張って取り入れようとしています。

macOS BigSurをインストールしました・・・

f:id:Disp_Rider:20201116231236p:plain

しれっと発表された”Big Sur”ですが、世の中の興味はApple製CPU「M1」チップを搭載した新型「Macbook」シリーズですね。

 

この「Big Sur」も、新型チップのためにアップデートするんじゃないか…との噂もあったみたいですが、せっかくなので入れて見ました。

インストールするMacは、前回「Catalina」を入れたmacbook Pro 2016です。

 

アップデート容量はSierra 以降からアップグレードする場合は、35.5GB!必要とのこと。

幸いにもストレージはクラウド化しているので、容量は余裕です。

早速スタート。

しばらく放置になります。

f:id:Disp_Rider:20201116232940p:plain

 

20分程度のところで、再起動しました。

その後、あっけなくアップデート完了。

心配していたブラックアウトなど何もなく終わりました。 

f:id:Disp_Rider:20201116233412j:plain

 

 

 アプリケーションは対応しているのか?

 

アップデートしたら、まず、アプリが動くか確認です。

○必要

 OneDrive

 MS-Office

 Google Chrome

この3つは必須ですので、最初に確認しますが、全く問題なく動きます。

 

 

○あったら便利

 Visual Studio for mac

 Coda2

 Bear

この3つは主に趣味関係で使っているので、使えるなら入れておきたいアプリです。

こちらも問題なく動きそうですが、「Coda2」だけに「Command Line Developer Tools」の追加インストールが出てきました。

f:id:Disp_Rider:20201116234544p:plain

インストしようと思ったのですが、なぜか作業時間が3時間もかかるらしいので、今回はスルーしました。

そのうちに入れればいいと思います。

 

 結構変わっています 

 

メジャーアップデートなので当然ですが、結構変わっています。

例えば「システム環境設定」の「Dockとメニューバー」に表示項目が増えました。

これはiPadOsみたいにコントロールをアイコンで確認できるようになります。

f:id:Disp_Rider:20201116235232p:plain

デスクトップ背景に「ダイナミックデスクトップ」が追加されていたり、色々なアイコンが丸みを帯びたようになったりと、見た目も少し変わっています。

詳細な変更点などは、他の解説サイトの方が詳しく書いてあると思います。

 

 

 ま と め 

 

これならまだアップデートしなくてもいいかな。

アップデートの恩恵はしばらく感じられないと思います。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ