Disp_Rider’s blog

パソコンに少し詳しいだけですが、最近の技術を頑張って取り入れようとしています。

MacBook2016のキーボードの気に入らないところ

MacBook pro late2016 Touch Bar付きを購入しておよそ1年。


使う頻度は週に4日、3ー4時間程度
作業内容はHP作成、写真整理、文書作成、エクセルでの会計処理。

 

写真整理では問題なし。
HP更新と文書作成、表計算をする時にキーボードがイマイチ使いにくい。

パソコンを構い出してもう30年ほど経つため、一応タッチタイピングで入力できるようになったが、MacBook2016以降のカーソルキーにどうしても慣れません。

 

 どこが使いにくいか 

左右のキーの間に小さくなった上下キーが配置されているので、押し間違えることが多いです。
他のMac使いの方はどうなんだろう?

 

 とりあえずの対応策 

自宅で作業する際は、シェルモードでUSBキーボードを使っていますが、出先で作業する際にはこうもいきません。

もう1台所有しているMacbook Air 2014は、古いタイプのキーボードのため、使いにくいことはありません。

新型のキーボードになってから使いにくく感じています。

 

Airは上キーが一つ飛び出している。
どうやらこれに慣れてしまっているからかもしれません。

 

 カーソル付きテンキー(ワイヤレス) 

何か解消できる方法はないかと、検索するとどうやらMagickeyboardを繋げて使うのが主流みたいです。

 

しかしあれを持ち運ぶのはちょっと…
もっと小さくて解消できるもの(テンキー)がないかな?と探してみると、

ありました。
カーソル付きテンキー!

BlueToothで通信。バッテリー駆動。
これなら良さそう。と購入してみました。

 


 

 

 使用感は 
実際使ってみると、それなりに使いやすいです。
HP作成は問題なし。
文書作成もいける。

しかしエクセルはちょっといただけません。
範囲選択するとき(SHIFT +カーソル)が使えませんでした。

それ以外は概ね良好なので、しばらくはこの体制で使ってみます。

プライバシーポリシー お問い合わせ