Disp_Rider’s blog

パソコンに少し詳しいだけですが、最近の技術を頑張って取り入れようとしています。

ブラックフライデー2021【Amazon】

f:id:Disp_Rider:20211119235550g:plain

www.amazon.co.jp

今年もこの時期がやってきました。

ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」です。!

今年は残念なことにAmazonでの「サイバーマンデー」は開催されないそうです。

非常に残念なのですが、そのかわり、「ブラックフライデー」の開催期間が延長されるみたいですね。

2021年最後のセール(たぶん)となりそうなので、欲しい商品は今回購入するのが良さそうです。

サイバーマンデーセールが無いとのことなので、色々な商品がセール対象となればうれしいところですが・・・

 

ポイントアップキャンペーンも同時に開催されますので、このタイミングでプライム会員になるのも良いですよ。

このキャンペーンにエントリーすると”プライム会員”なら+2%ポイントアップになります。さらに”Amazonショッピングアプリ”で購入すればさらに+3%ポイントがアップします!

お得にポイントをためるチャンスです。

 

セール内容

具体的に公表されていないのですが、特に割引率が高い商品があります。

 

1.Amazon製品

 

Fire HD 10 タブレット 10.1インチHDディスプレイ 32GB ブラック新登場 Fire TV Stick 4K Max - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

FIRE HDなどのタブレットやFIRE STICKなどがかなりの割引になると見込んでいます。

私も購入しましたが、なかなか便利です。

 

2.生活雑貨

【医薬部外品】キレイキレイ 薬用 泡ハンドソープ シトラスフルーティの香り 詰替え用 800ミリリットル (x 2)【まとめ買い】キュキュット 食器用洗剤 オレンジの香り 詰め替え 770ml × 2個

毎日使う洗剤や日常使うものは割引率が高めです。

しまって置く場所が必要ですが、どうせ毎日使うので、まとめて購入するのがいいですね。

 

3.オンラインコード

カスペルスキー セキュリティ (最新版) | 3年 5台版 | オンラインコード版 | ウイルス対策 | Windows/Mac/Android対応 Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版

PCのソフトウェアのうち、サブスクリプション版のオンラインコードが通常より割引率が高くなります。

私もOffice365のオンラインコードをこのタイミングで購入しています。

 

さらにお得なお買い物方法

1.クレジット払いをするなら「AmazonMastercard」

AmazonMastercardに入会・利用すると最大2%ポイント還元を受けれます。

(11月1日よりサービス変更があり、新サービスでは最大2%となります。旧ゴールド会員は更新日まで2.5%還元を受けれます)

 

2.「チャージ」してからお買い物する

代引きやコンビニ払いをするなら、Amazonポイントへ「チャージ」するのがおすすめです。チャージした金額に応じて最大2.5%のポイントがもらえます。

 

3.プライム会員になる

 AmazonMastercardもAmazonチャージもプライム会員ならさらにポイントアップ!

初回は30日間会費無料ですので、このセールのタイミングで加入するのが間違いないです。ポイントの還元率やプライム会員限定の先行販売など恩恵がたくさんあります。

 

まとめ

アマゾンはポイント目当てで使うには付与率が少ないので、割引が多いセール時に使うのが一番良いと思います。

または、プライム会員の翌日配送や配送料無料を期待して、大型家具や家電を購入するのも良いと思います。

プライム会員になっていないなら、このタイミングでぜひ使ってみてください。

 

【結果】Appleからのイベント2021

f:id:Disp_Rider:20211013180705p:plain

Appleイベントから1週間以上経過し、すでに新製品レビューがYoutubeででていますが、今回発表された新製品が「自分に必要か?」という基準で紹介していきたいと思います。

 

新MacbookPro

f:id:Disp_Rider:20211019081122p:plain

M1チップの新型、「M1Pro」と「M1Max」を搭載したMacbookProが発表されました。

f:id:Disp_Rider:20211019081330p:plain

性能の上がり方がすごいです。

M1Pro  10コアCPU、16コアGPU最大32GBメモリ(帯域幅200GB/s)

M1Max 10コアCPU、32コアGPU最大64GBメモリ(帯域幅400GB/s)

帯域幅の説明は割愛しますが、最大メモリ量の増量は待ち望んでいました。

さらにディスプレイが綺麗になり、XDR、Pro Motion対応になりました。

タッチバーがなくなったり、SDカードリーダーが内蔵されたり、古い規格を活用しながら性能を上げてきています。

 

気になるお値段は…約24万円~

 

第11世代のCore i9-11900KよりもCPU性能が高く、GPU性能はRadeonRX5600XTより性能が高いそうなので、このお値段なら十分アリだと思います。

 

おすすめポイント

・新型チップ M1Max

・長時間バッテリー&急速充電

・読み込み速度7.4GB/sのSSD

・Liquid Retina XDR & ProMotion(可変リフレッシュレート)

 

詳細が不明で気になるポイント

・USB-Cでの充電時間

・ハイパワーモード(16インチM1Maxのみ)GPU性能がアップするみたいです

ここまでの性能を必要とする人ってどんな職業なんですかね?

3DCG?動画編集?

どこでも動画編集(書き出しまで)するならいい性能だと思いますが、私の使い方では不要です。

・私の使い方(外出時)

 ファミレスなどでチャットミーティング

 対面でHPデザインの変更

 エクセルなどオフィスソフトの使い方説明

この程度です。

MacBookAir(M1)の15インチがあればちょうどいいのですが…

 

AirPods第三世代

f:id:Disp_Rider:20211029121200p:plain

今回の新型AirPods(第3世代)では「空間オーディオ」との機能が追加されたそうですが、例えば「手に持っているiPhoneから音が鳴っているように聞こえる」様に、音の方向を操るようになったみたいです。

ドルビーアトモスのことかな?

だとしたら、映画を見るときに使用すると臨場感がすごいことになりそうです。

第2世代と変わったところは

6時間連続再生(1時間長くなった)

耐汗耐水になった

価格が7000円高くなった

うどんが短くなった(笑)

 

「空間オーディオ」が不要で屋内利用が主な方はAirPods(第2世代)でもいいような気がします。AppleStoreで16,800円で購入できます。

 

HomePodmini
f:id:Disp_Rider:20211029121324p:plain

新色がでました。

ちょっとしたお店のBGM用に使うにはよさそうです。

 

 

まとめ

MacbookProは欲しいです。

しかし、どんなことに使うかと聞かれると、事務作業程度にしか使わなそうです。

その程度にこの値段は出せないので、購入しません。

 

AirPodsFPSゲームやるときに便利かもしれませんが、すでにヘッドセットがあるので、今は保留です。

HomePodminiは不要です。家で音楽を流すことがありません。

 

今回のイベントは「M1チップが動画編集などの高負荷な作業に十分対応できる」ことを示したものだと思いました。

ノートだけでなく、MacminiiMacにも導入してもらいたいものです。

 

 

 

Windows11提供開始!

f:id:Disp_Rider:20211007084752p:plain

ついにWindowsの新バージョンである”Windows11”の提供が開始されましたね。

本来なら10/6にこの記事をアップするところだったのですが、ワクチンの副反応で予想以上に苦しみ、遅れてしまいました(涙

 

今回の特徴は10か所も新しくなったそうです。

その特徴を私なりの解釈にすると

  1. デザインの変更
  2. クラウドと同期するスタート画面
  3. ウィンドウの配置をスナップできる
  4. チャットがタスクバーへ内臓
  5. ウィジェットの刷新
  6. ゲーム環境の向上
  7. Storeのデザイン変更
  8. アクセシビリティの向上
  9. 開発者ツールの更新
  10. 「ペン」など利便性の向上

こんな感じです。

 

それぞれの簡単な説明
 1~5

f:id:Disp_Rider:20211010234736p:plain

1.デザインの変更

2.クラウドと同期するスタート画面

3.ウィンドウの配置をスナップできる

4.チャットがタスクバーへ内臓

5.ウィジェットの刷新

については、様々なメディアで紹介がありますが、見た目が変わっています。

しばらくすると「以前のほうが使いやすい」との意見が出てくるでしょうね。

この5点はバージョンアップの度に代わるので特に説明はしません。

 

ちなみに「3.ウィンドウの配置をスナップできる」は、以前から「PowerToys」と言うMicrosoft純正のアプリケーションで使うことができていました。

 

「4.チャットがタスクバーへ内臓」もオンラインミーティングをよく使う方以外には不要の機能です。(表示させない様にもできます)

「5.ウィジェットの刷新」も以前からあるウィジェットに表示できるアプリケーションが増えたようです。

 

6.ゲーム環境の向上

ゲーム環境の向上としましたが、ディスプレイ設定を細かく制御できるようになっています。

HDRやリフレッシュレートの可変、マルチディスプレイの向上など、ゲーム環境に応じた画面設定にできるようになっています。(対応ディスプレイが必要ですが。)

 

7.Storeのデザイン変更

見た目が変わりました。

以上。

なお、Andoroidアプリのダウンロードにはまだ対応していないそうです。

 

音声入力へ対応しました。

日本語の認識率は若干弱い気がしますが、それでもキーボードの利用が困難な方への配慮が来ました。

 

9.開発者ツールの更新

WindowsアプリSDKに代わりました。APIとツールがセットになっているそうです。

ペン入力などのAPIも新しくなっています。

 

10.「ペン」など利便性の向上

ペンのメニューにアプリを追加できるようになっていたり、4本指ジェスチャーが使えるようになっています。(タッチパネル対応モニタもしくはタブレットが必要です)

 

おまけ

Windows11のアップグレードが開始されてすぐに”TPM2.0”を回避したインストール方法が出てきましたね。

家庭での利用ならこのセキュリティは使わないでしょうが、会社など機密データを扱うところでは、この回避インストールはやらないことをお勧めします。(そもそもベンダーが断ると思いますが・・・)

この”TPM”を簡単に言うと、パソコンAから取り出したHDDをパソコンBで読み取れなくする機能のことです。ほかにも使い道はあるが、こんな理解でいいと思います。

会社ではこのTPMを使って会社用PCのHDDを暗号化(BitLockerなど)しておけば、HDDだけ盗難にあったとしても中身のデータを読み取られなくなります。

 

まとめ

Windowsの開発サイクルがWindows10から変わったのですが、今回は”11”にする必要があったのかと考えてしまいます。

確かに機能が大幅に変わっていると思うのですが、”見た目が変わっただけ”を感じる方が大半だと思います。

特殊なアプリ以外は基本的に対応していますが、Windows11にアップデートするのはもう少し後でもいいかな。

メーカーPCに正式導入された後でも十分かな。

【続き】ルータの突然死?(いえ、人為的ミスです)

 

この記事は先日の続きになります。

前回の記事はコチラ

www.disprider.com

 

前回の記事で直ったと思っていたら、また同じ症状になってしまいました。

どうやら間違えて切り替わったスイッチだけが原因ではなさそうです。

 

ちなみに症状が出たルーターはコレ

バッファロー WiFi ルーター 無線LAN 最新規格 Wi-Fi6 11ax / 11ac AX3200 2401+800Mbps 日本メーカー 【iPhone12/11/iPhone SE(第二世代) メーカー動作確認済み】 WSR-3200AX4S/NBK

 

このルーターは2021年2月に購入し、およそ半年間は問題なく通信できていました。

 そして7月4日に私の不注意で設定が変わってしまったのですが、また通信されない状態になりました。

色々な原因が考えられますが、まずは通信の復旧から進めました。

 

完全リセットからの再設定

この手の機器を復旧させるには「出荷時の状態に戻す」、いわゆる「初期化」が有効です。

出荷時の状態へ戻すために底面にあるリセットスイッチを押します。

その後、すべてのケーブルを外し、本体が冷えるまで放置。

冷えたところで、初期設定を行います。

 

便利な機能

ちなみにバッファロー製のルータには既設のルータから設定を引き継ぐ「無線引っ越し機能」があります。

この機能はスマホなどを簡単にWIFIにつなぐための「AOSS」や「WPS」を使用して古いルーターから新しいルーターにインターネット接続設定を自動で引き継げる便利な機能です。

以前に設置した際に使用したのですが、これは意外と便利な機能です。

SSIDも引き継ぐので、スマホなどの設定を変える必要がありません。

 しかし、今回はこの機能を使わずに設定します。

 

それでも設定は簡単

最近の家庭用ルーターの設定は簡単です。

通信会社のルーターDHCP機能があるからです。(ない物もありますが)

 

あとはWSR-3200AX4Sに「DHCPを使ってアドレスを自動取得する」という設定をするだけです。

 

なお、IPV6を利用するルーターでは「インターネット@スタート」という自動設定方法が簡単ですが、私の回線ではうまく設定されませんでした。

そのため、「DHCPを使ってアドレスを自動取得する」方式で設定をします。

 

設定方法

ブラウザからWSR-3200AX4Sにアクセスし、管理画面へログインします。

 アドレスバーに「http://192.168.11.1」(説明書記載のアドレス)を入力し

 ID、パスワードを入力します。

すると管理メニューがいくつか表示されますが、その中の「詳細設定」を選択します。

 

f:id:Disp_Rider:20210719104612p:plain

 

 「Internet」の項目に「IPアドレス取得方法」が選択できるようになっています。

ここで「DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得」にチェックを入れて右下の「設定」をクリックすれば完了です。

ルーターが設定を反映(30秒ほど)した後に、切り替わります。

 これで設定は完了です。

  

考察

今回の「ルーターが突然通信不能」になった症状は以前からよくあります。

その度にルーターのログを見たりして原因を探るのですが、今回の本当の原因はわかりませんでした。

なぜかというと、ルーターに記録されているログの時間が再起動するたびに変わったからです。

ログの日付に動かれると「いつ」、「何があった」から探れません。

こんな症状は初めてでした。 

念のため、もう一つルーター用意し同じ設定をしても、WSR-3200AX4Sだけが通信できない状態でした。

 

しかし、怪しいと思っている点がありまして、

 ”長時間高温に晒された

ことが考えられます。

 

精密機器には対応温度が記されていますが、ここ最近の”暑さ”とルーターの設置場所のせいで高温になりすぎ、「熱暴走」もしくは「保護機能」が働いたのかな?と想像しました。

結果、本体とACアダプタを冷やして再設定したところ、問題なく動くようになったので、「熱暴走」の線が怪しいと踏んではいます。

 

しかし、他の原因も考えられるので、もうしばらくは経過観察していきます。

 

ルーターやハブなどは普段電源を切らないので、扱いが雑にされる機器ですが、たまには電源を切って冷ますのも必要なのかもしれません。

ルータの突然死?(いえ、人為的ミスです)

このブログ記事は自分への戒めです。

 

7月5日 それは突然でした。

 

いつものようにブログのネタを探そうとPCを起動させると、OneDriveのデータ連携がいつまでたっても終わりませんでした。

2~3回再起動させ、強制的にデータ更新してみたのですが、どうしてもクラウドとデータ連携をしてくれませんでした。

 

以前にも更新しないことがあったので、”またか…”と思い、サブ機のMacでOneDriveの状況を確認しました。

 しかし、Macからもデータ更新されません。

さらに、iPadからブラウザ経由でデータを確認すると、ブラウザがネットと通信してくれません。

 

”まいったな(汗)”

 

とりあえずWindowsコマンドラインでネットワーク設定を確認すると、IPV4だけIPが割り振られず、空白のままでした。

 

”「ルータ」が逝ったな”と思ったのですが、iPadYoutubeを見ることは出来たのです。

しかし、ブラウザからの通信はすべてできません。

 

 ( ゚д゚)ポカーン…

まったくわかりませんでした。

 

とりあえず、この日はルーターONUをリセット、確認、リセット…

一日が終わりました。

 

翌日、ルータへ初期設定データを入力しようとしたのですが、ルータにログインできなくなっていました。

ルータにログインできないと設定を変更することができません。

 

メ○コFu○k(゚Д゚;)凸

 

と叫びながらルータを初期化しました。

これが混乱への拍車をかけたのかもしれません。

 

ルータ初期化後、ログインしようとアドレスを入れても通信しません。

Pingでもルータを見つけることができなくなりました。

 

しかし、Youtubeを見ることは出来るのです。

IPV6は正常に通信できているのです。

IPV4の通信がすべて止められているような状態でした。

 

もう、わからん_(:3」∠)_=3

 

こんなことを繰り返し数日。

新しいルータを購入しようと悩んでいるときに何気なくルータの背面を見ました。

このルータ背面にはスイッチが2つついており、このスイッチでルータの機能を変更することができるものです。

私の使い方はマニュアルモードのルータ機能を使用していたのですが、何気なく見たスイッチはオートモードに切り替わっていました。

「なんで??」と思いつつもマニュアルモードに切り替えたところ…

 

何事もなかったようにIPV4での通信が復旧しました\(^_^)/ヤッタ

 

原因は、7月4日、ルータ周りの掃除をした際に、ルータを10cmほど落下させてしまったのですが、その時にスイッチが変わってしまったようです。

 

自称PCに詳しいと言っておきながらこの体たらく。

ほんと、お恥ずかしい(〃ノωノ)

 

しかも、あまりの焦りっぷりによりスクリーンショットも撮っていません。

 

自分への戒めを込めつつ、備忘録として残しておきます。

 

教訓「初期化するなら気合い入れて初めからやり直す。

めんどくさがって中途半端にやり直すと泥沼化します。

 

ちなみに、YoutubeIPV6を使用しているらしく、ブラウザはIPV4のようです。

Windowsコマンドラインで「ipconfig」と入力すると、現在使用しているIPなどが表示されるので、IPV4が空白だった場合は、私と同じ状況の可能性があるので、ルータの設定を確認しましょう。

プライバシーポリシー お問い合わせ