Disp_Rider’s blog

パソコンに少し詳しいだけですが、最近の技術を頑張って取り入れようとしています。

WindowsノートPC購入【asus ZenBook14】

ASUS (エイスース) ノートパソコン ZenBook 14 UM425IA パイングレー UM425IA-AM008T [14.0型 /AMD Ryzen 7 /SSD:512GB /メモリ:8GB /2020年9月モデル]

久しぶりにWindowsノートPCを購入しました。

MacBookProも良かったのですが、重くて持ち運びが大変でした。

 

そのため、今回は”そこそこ軽いノートパソコン”を探して購入しました。

 

ASUS ZenBook14  UM425 スペック

発売:2020年9月

OS:Windows10 Home 64bit

CPU:AMD Ryzen7 4700U

GPU:CPU内蔵Radeon

メモリ:16GB LPDDR4X-3733

SSD:512GB PCIe3.0×2

画面:14インチ 1920×1080

端子類:HDMIUSB3.1(Type-C/Gen2)×2、USB3.0(Type-A)、microSD

サイズ:幅32cm 奥行21cm 高さ1.6cm A4より若干大きめ

重量:1.25Kg

バッテリー駆動時間:21時間

実売価格:129,800円

 

しかし、今(2021年11月)買うならZenBook14 Ultralightのほうが絶対良い!

むしろ、第12世代intel i7CPUが搭載されるノートPCを待つのが良い!

と、思われるでしょう。

そのとおりだと思います。

 

通常なら私も新CPUが搭載されるまで待つのですが、今回は”たまたま”新品同様で中古があったので飛びついてしまいました。

ほぼ新品が市場価格の3/4程度の価格で出回っていたら飛びついてしまいます。

本体と付属品

f:id:Disp_Rider:20211125235719j:plain

入っているのは

 本体

 専用ケース(本体にピッタリサイズ、付属品は入りません)

 ACアダプタ(充電端子はUSB-C)

 イヤフォン変換端子(3.5mm -> USB-C)

 有線LAN変換端子(RJ-45 -> USB-C)

 

使用感は?

まず、持ち運び

タブレット(iPadAir + KBFolio+Pen)と比べると重いです。

手に持って操作することには向かないです。

鞄にいれて持ち運ぶのはこの重さが限界かもしれません。

 

次に実用性

オフィス系ソフトの利用程度ならまったく問題ありません。

かなり快適に使えます。

事務処理程度にはオーバースペックと言えます。

 

ゲームは?

とりあえずマイクラを動かしてみました。

f:id:Disp_Rider:20211125235419p:plain

視界を20チャンクほどに設定してみましたが、若干の描画遅れはありますが、十分な表示速度です。10~15チャンク表示にすればサクサク遊べます。

 

気になった点

SSD

PCIe3.0とは言えSSDの速度は速いはずなのですが、読み込み時に引っ掛かりが感じられます。

SSDの速度を計測してみたところ、

f:id:Disp_Rider:20211125233154p:plain

書き込みが遅いです。ここは後日対策をします。

 

タッチパッド

幅が広いです。そのため使いやすいです。

f:id:Disp_Rider:20211125235232j:plain

しかし、キー入力する際に右手の掌がタッチパッドにあたるので、カーソルが動くことが多々あります。

マウス接続時にタッチパッドOFFになるようにしたほうが良さそう。

 

キーボードの配列

f:id:Disp_Rider:20211126001731j:plain

日本語KBを選んだのですが、Enterキーのさらに右側にもう1列キーがあります。

気を付けないと「BSを押したつもりがHOMEを押していた」となります。

まだ慣れていないので、よく押し間違えます。

 

発熱

オフィスソフトを使っている分にはそれほど気になりません。

ゲームをするとすぐにファンが動き出し、ファンクションキーの上、排気口のある部分と背面が結構熱くなります。

f:id:Disp_Rider:20211125235330j:plain

触れないほどではないのですが、静かな場所だとファンの音が気になるかもしれません。

 

まとめ

定価で購入するのはちょっと迷います。

次期新製品にはintelの第12世代CPUが搭載されると思いますので、それを待つのも良いと思います。

しかし、持ち運びに不便がなく、大きすぎず、且つ性能がいいので、オフィスソフトを使うモバイルパソコンとしては十分です。

時々中古で販売されているので、それを狙うのがいいですね。

 

メモリ8GBの少し安いモデルはコチラ

 

私が購入したのはコッチ

 

Appleからのイベント2021

f:id:Disp_Rider:20211013180705p:plain

日本時間2021年10月19日(火) 午前2時から、またイベントが開催されるそうです。

9月にiPhone13、AppleWatch Series7、iPadminiなどが発表されましたが、今度は何が発表されるのでしょう?

 

しかし、最近発表される機種の多くは、旧型のバージョンアップばかりで、心を揺さぶるモノが出てきません。

なので、今回はあまり期待はしていません。

 

一応、今回発表されそうなものの噂を拾ってみました。

 

新M1チップ

f:id:Disp_Rider:20211013185154p:plain

新型のチップである「M1X」を搭載したMacbookProが発表される可能性があります。

また、ディスプレイの高性能化が著しいので、iPadProにも使われているディスプレイをつけてくるのでは?

そうなると、高性能、高画質なノートPCとなりそうです。

以前から噂されている14インチMacBookもそろそろかもしれません。

M1Xチップが発表となるなら、16インチMacBookProにも”当然”搭載されるはず。

しかし、デザイン自体随分と長い間変わっていないので、そろそろ新しいデザインの筐体がほしいところです。

 

f:id:Disp_Rider:20211013185220p:plain

新型が発表されるのではと噂されていましたが、9月のイベントでは出てきませんでした。

なので、もしかしたらこの10月のイベントで出てくるかもしれません。

AirPods、AirPodsPro、AirPodsMaxと3つのパターンが出揃っているので発表されるとしても”性能強化”されるだけかな・・・

 

f:id:Disp_Rider:20211013185254p:plain

1年前に新しくなったばかりですが、もしかしたら以前にあったサーバー型Macminiが復活?もしくはハイエンドMacminiが出てくるかもしれません。(希望的予測)

いずれにしろ"INTEL"Macが徐々に無くなっていきます。

 

まとめ

このうちの1つくらいは実際に発表されると思いますが、もしMacminiにM1Xが搭載されたら買い換えようかなと考えています。

ここ数年間、MacbookMacminiは性能が上がった程度で大きくデザイン変更がありません。

そろそろ新しいデザインが出てほしいと思っていますが、それにはもう数年"INTEL"Macを使い続ける必要がありそうです。

 

 

 

 

Windows11提供開始!

f:id:Disp_Rider:20211007084752p:plain

ついにWindowsの新バージョンである”Windows11”の提供が開始されましたね。

本来なら10/6にこの記事をアップするところだったのですが、ワクチンの副反応で予想以上に苦しみ、遅れてしまいました(涙

 

今回の特徴は10か所も新しくなったそうです。

その特徴を私なりの解釈にすると

  1. デザインの変更
  2. クラウドと同期するスタート画面
  3. ウィンドウの配置をスナップできる
  4. チャットがタスクバーへ内臓
  5. ウィジェットの刷新
  6. ゲーム環境の向上
  7. Storeのデザイン変更
  8. アクセシビリティの向上
  9. 開発者ツールの更新
  10. 「ペン」など利便性の向上

こんな感じです。

 

それぞれの簡単な説明
 1~5

f:id:Disp_Rider:20211010234736p:plain

1.デザインの変更

2.クラウドと同期するスタート画面

3.ウィンドウの配置をスナップできる

4.チャットがタスクバーへ内臓

5.ウィジェットの刷新

については、様々なメディアで紹介がありますが、見た目が変わっています。

しばらくすると「以前のほうが使いやすい」との意見が出てくるでしょうね。

この5点はバージョンアップの度に代わるので特に説明はしません。

 

ちなみに「3.ウィンドウの配置をスナップできる」は、以前から「PowerToys」と言うMicrosoft純正のアプリケーションで使うことができていました。

 

「4.チャットがタスクバーへ内臓」もオンラインミーティングをよく使う方以外には不要の機能です。(表示させない様にもできます)

「5.ウィジェットの刷新」も以前からあるウィジェットに表示できるアプリケーションが増えたようです。

 

6.ゲーム環境の向上

ゲーム環境の向上としましたが、ディスプレイ設定を細かく制御できるようになっています。

HDRやリフレッシュレートの可変、マルチディスプレイの向上など、ゲーム環境に応じた画面設定にできるようになっています。(対応ディスプレイが必要ですが。)

 

7.Storeのデザイン変更

見た目が変わりました。

以上。

なお、Andoroidアプリのダウンロードにはまだ対応していないそうです。

 

音声入力へ対応しました。

日本語の認識率は若干弱い気がしますが、それでもキーボードの利用が困難な方への配慮が来ました。

 

9.開発者ツールの更新

WindowsアプリSDKに代わりました。APIとツールがセットになっているそうです。

ペン入力などのAPIも新しくなっています。

 

10.「ペン」など利便性の向上

ペンのメニューにアプリを追加できるようになっていたり、4本指ジェスチャーが使えるようになっています。(タッチパネル対応モニタもしくはタブレットが必要です)

 

おまけ

Windows11のアップグレードが開始されてすぐに”TPM2.0”を回避したインストール方法が出てきましたね。

家庭での利用ならこのセキュリティは使わないでしょうが、会社など機密データを扱うところでは、この回避インストールはやらないことをお勧めします。(そもそもベンダーが断ると思いますが・・・)

この”TPM”を簡単に言うと、パソコンAから取り出したHDDをパソコンBで読み取れなくする機能のことです。ほかにも使い道はあるが、こんな理解でいいと思います。

会社ではこのTPMを使って会社用PCのHDDを暗号化(BitLockerなど)しておけば、HDDだけ盗難にあったとしても中身のデータを読み取られなくなります。

 

まとめ

Windowsの開発サイクルがWindows10から変わったのですが、今回は”11”にする必要があったのかと考えてしまいます。

確かに機能が大幅に変わっていると思うのですが、”見た目が変わっただけ”を感じる方が大半だと思います。

特殊なアプリ以外は基本的に対応していますが、Windows11にアップデートするのはもう少し後でもいいかな。

メーカーPCに正式導入された後でも十分かな。

【続き】ルータの突然死?(いえ、人為的ミスです)

 

この記事は先日の続きになります。

前回の記事はコチラ

www.disprider.com

 

前回の記事で直ったと思っていたら、また同じ症状になってしまいました。

どうやら間違えて切り替わったスイッチだけが原因ではなさそうです。

 

ちなみに症状が出たルーターはコレ

バッファロー WiFi ルーター 無線LAN 最新規格 Wi-Fi6 11ax / 11ac AX3200 2401+800Mbps 日本メーカー 【iPhone12/11/iPhone SE(第二世代) メーカー動作確認済み】 WSR-3200AX4S/NBK

 

このルーターは2021年2月に購入し、およそ半年間は問題なく通信できていました。

 そして7月4日に私の不注意で設定が変わってしまったのですが、また通信されない状態になりました。

色々な原因が考えられますが、まずは通信の復旧から進めました。

 

完全リセットからの再設定

この手の機器を復旧させるには「出荷時の状態に戻す」、いわゆる「初期化」が有効です。

出荷時の状態へ戻すために底面にあるリセットスイッチを押します。

その後、すべてのケーブルを外し、本体が冷えるまで放置。

冷えたところで、初期設定を行います。

 

便利な機能

ちなみにバッファロー製のルータには既設のルータから設定を引き継ぐ「無線引っ越し機能」があります。

この機能はスマホなどを簡単にWIFIにつなぐための「AOSS」や「WPS」を使用して古いルーターから新しいルーターにインターネット接続設定を自動で引き継げる便利な機能です。

以前に設置した際に使用したのですが、これは意外と便利な機能です。

SSIDも引き継ぐので、スマホなどの設定を変える必要がありません。

 しかし、今回はこの機能を使わずに設定します。

 

それでも設定は簡単

最近の家庭用ルーターの設定は簡単です。

通信会社のルーターDHCP機能があるからです。(ない物もありますが)

 

あとはWSR-3200AX4Sに「DHCPを使ってアドレスを自動取得する」という設定をするだけです。

 

なお、IPV6を利用するルーターでは「インターネット@スタート」という自動設定方法が簡単ですが、私の回線ではうまく設定されませんでした。

そのため、「DHCPを使ってアドレスを自動取得する」方式で設定をします。

 

設定方法

ブラウザからWSR-3200AX4Sにアクセスし、管理画面へログインします。

 アドレスバーに「http://192.168.11.1」(説明書記載のアドレス)を入力し

 ID、パスワードを入力します。

すると管理メニューがいくつか表示されますが、その中の「詳細設定」を選択します。

 

f:id:Disp_Rider:20210719104612p:plain

 

 「Internet」の項目に「IPアドレス取得方法」が選択できるようになっています。

ここで「DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得」にチェックを入れて右下の「設定」をクリックすれば完了です。

ルーターが設定を反映(30秒ほど)した後に、切り替わります。

 これで設定は完了です。

  

考察

今回の「ルーターが突然通信不能」になった症状は以前からよくあります。

その度にルーターのログを見たりして原因を探るのですが、今回の本当の原因はわかりませんでした。

なぜかというと、ルーターに記録されているログの時間が再起動するたびに変わったからです。

ログの日付に動かれると「いつ」、「何があった」から探れません。

こんな症状は初めてでした。 

念のため、もう一つルーター用意し同じ設定をしても、WSR-3200AX4Sだけが通信できない状態でした。

 

しかし、怪しいと思っている点がありまして、

 ”長時間高温に晒された

ことが考えられます。

 

精密機器には対応温度が記されていますが、ここ最近の”暑さ”とルーターの設置場所のせいで高温になりすぎ、「熱暴走」もしくは「保護機能」が働いたのかな?と想像しました。

結果、本体とACアダプタを冷やして再設定したところ、問題なく動くようになったので、「熱暴走」の線が怪しいと踏んではいます。

 

しかし、他の原因も考えられるので、もうしばらくは経過観察していきます。

 

ルーターやハブなどは普段電源を切らないので、扱いが雑にされる機器ですが、たまには電源を切って冷ますのも必要なのかもしれません。

ルータの突然死?(いえ、人為的ミスです)

このブログ記事は自分への戒めです。

 

7月5日 それは突然でした。

 

いつものようにブログのネタを探そうとPCを起動させると、OneDriveのデータ連携がいつまでたっても終わりませんでした。

2~3回再起動させ、強制的にデータ更新してみたのですが、どうしてもクラウドとデータ連携をしてくれませんでした。

 

以前にも更新しないことがあったので、”またか…”と思い、サブ機のMacでOneDriveの状況を確認しました。

 しかし、Macからもデータ更新されません。

さらに、iPadからブラウザ経由でデータを確認すると、ブラウザがネットと通信してくれません。

 

”まいったな(汗)”

 

とりあえずWindowsコマンドラインでネットワーク設定を確認すると、IPV4だけIPが割り振られず、空白のままでした。

 

”「ルータ」が逝ったな”と思ったのですが、iPadYoutubeを見ることは出来たのです。

しかし、ブラウザからの通信はすべてできません。

 

 ( ゚д゚)ポカーン…

まったくわかりませんでした。

 

とりあえず、この日はルーターONUをリセット、確認、リセット…

一日が終わりました。

 

翌日、ルータへ初期設定データを入力しようとしたのですが、ルータにログインできなくなっていました。

ルータにログインできないと設定を変更することができません。

 

メ○コFu○k(゚Д゚;)凸

 

と叫びながらルータを初期化しました。

これが混乱への拍車をかけたのかもしれません。

 

ルータ初期化後、ログインしようとアドレスを入れても通信しません。

Pingでもルータを見つけることができなくなりました。

 

しかし、Youtubeを見ることは出来るのです。

IPV6は正常に通信できているのです。

IPV4の通信がすべて止められているような状態でした。

 

もう、わからん_(:3」∠)_=3

 

こんなことを繰り返し数日。

新しいルータを購入しようと悩んでいるときに何気なくルータの背面を見ました。

このルータ背面にはスイッチが2つついており、このスイッチでルータの機能を変更することができるものです。

私の使い方はマニュアルモードのルータ機能を使用していたのですが、何気なく見たスイッチはオートモードに切り替わっていました。

「なんで??」と思いつつもマニュアルモードに切り替えたところ…

 

何事もなかったようにIPV4での通信が復旧しました\(^_^)/ヤッタ

 

原因は、7月4日、ルータ周りの掃除をした際に、ルータを10cmほど落下させてしまったのですが、その時にスイッチが変わってしまったようです。

 

自称PCに詳しいと言っておきながらこの体たらく。

ほんと、お恥ずかしい(〃ノωノ)

 

しかも、あまりの焦りっぷりによりスクリーンショットも撮っていません。

 

自分への戒めを込めつつ、備忘録として残しておきます。

 

教訓「初期化するなら気合い入れて初めからやり直す。

めんどくさがって中途半端にやり直すと泥沼化します。

 

ちなみに、YoutubeIPV6を使用しているらしく、ブラウザはIPV4のようです。

Windowsコマンドラインで「ipconfig」と入力すると、現在使用しているIPなどが表示されるので、IPV4が空白だった場合は、私と同じ状況の可能性があるので、ルータの設定を確認しましょう。

プライバシーポリシー お問い合わせ